【校長室だより】近小生のみなさんへ

| 教育エッセイ

近小生のみなさんへ

みなさん、元気に過ごしていますか?

小学校はいま、とても静かです。

明るい光がさすグランドにも、誰の姿も見えません。

みなさんの笑顔や、元気な声で走り回る姿が見られないのは

とてもさびしいことです。

みなさんも知っているように、

いま世界中に新型コロナウイルスが拡がっています。

ウイルスは目には見えないほど小さなものです。

でも、このウイルスで病気になると死んでしまうこともあります。

それで、子どもたちを病気から守るために、

日本では学校をお休みにしました。

日本中の学校をお休みにするというのは、

かんたんなことではありません。

ひょっとすると、日本の歴史でも初めてのことかもしれません。

学校を休みにすると、いろんな困った問題が起きてきます。

きっとニュースなどで聞くこともあるでしょう。

それでも、日本の総理大臣や専門家の人たちは

学校をお休みにすると決めました。

子どもたちを守るため、ウイルスがこれ以上拡がらないために。

とっても悩んだことだろうと思います。

勇気がいることだっただろうなと思います。

だから、みんなの力でウイルスが拡がるのを防ぎましょう。

みなさんも、少し我慢しないといけないこともあるかもしれません。

家ではご家族のお手伝いもして、よい子でいてください。

また早くみなさんの元気な顔を見たいと思います。

小学校の教室も、グランドも、みんなの帰りを待っています。

それまで、みなさんも頑張ってくださいね!

20200303152348-491025d3a83c3b3bd8f5fafb010ea8ce5df2999d.jpg