【校長室だより】 「9月9日について」

| 教育エッセイ

9日月曜日、校長先生は、出張のため、児童朝礼でお話はできませんでしたが、このページで紹介します。

9月7日 月曜日 「9月9日について」

 今日は9月9日についてお話します。1月1日は元日、3月3日はひな祭り、5月5日は子供の日、7月7日は七夕祭りですね。では9月9日はどうでしょうか。何かありそうですね。少し調べてみました。

 昔、日本には「節会(せちえ)」と呼ばれる宮中行事(皇居で行われる年中行事)がたくさんありました。江戸時代にその内の5つを「重要な年中行事」として式日(祝日)として制定しました。

 3月3日は上巳(じょうし・桃の節句)、5月5日は端午(たんご・菖蒲の節句)、7月7日は七夕(しちせき・たなばた)、9月9日は重陽(ちょうよう・菊の節句)と呼ばれます。1月の節句も加えて「五節句」となります。これらの日には仕事を休んだり、邪気(じゃき)や悪魔を払う色々な行事をしたそうです。

 古代中国では、奇数は良いことを表す陽数、偶数は悪いことを表す陰数と考えられ、縁起の良い陽数が重なる日はとてもめでたい反面、めでた過ぎて不吉なことも起こるとされていたために邪気払いをしたそうです。

 「9」は一桁の数字としては最大の奇数で、「陽が極まった数」として陽数を代表する数と考えられ、それが重なる9月9日は大変めでたく、菊の花を飾ってみんなで長寿を願ったそうです。

 でも一つだけ例外がありました。それは1月の節句です。1月だけは1月1日ではなく1月7日です。その日を「人日(じんじつ)」といいます。

 これも古代中国に由来するそうですが、1月1日から6日までは、獣を占い、7日に人を占う日となっていたそうです。1日は鶏、2日は犬、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬の日だそうです。それぞれの日には、その動物を殺さないようにし、7日には、犯罪者に対する刑罰は行わないことになっていたそうです。

 また、この日の天候でその年の運勢を占い、晴れならば幸あり、曇りならば災いありとされたそうです。江戸時代から1月7日に七草粥を食べて祝うことになったそうです。

 一つの疑問を調べていくと色々なことがどんどん分かりました。「知るは楽しみなり」という言葉があります。自分が感じたちょっとした疑問を大切にして下さい。そして、自分で調べながら「知る楽しみ」を味わうことができる近小生になってくれることを期待しています。