新着情報

教育エッセイ新着情報

【校長室だより】 わたしたちの価値はどれくらい?

毎週月曜日に行われる児童朝礼では、毎回、校長先生から全校児童にお話があります。今週の校長先生のお話を紹介します。

平成31年1月15日(火)「わたしたちの価値はどれくらい?」

おはようございます。

冬休みに旅行に行った人もたくさんいると思います。

以前、先生が泊まったホテルのロビーには「ペッパーくん」がいました。

人間と会話ができるロボットです。

ペッパーくんが寂しそうにしていたので、

先生が話しかけて、しばらくおしゃべりしたのですが、

一緒に旅行に来ていた先生の娘がやってきて

「お父さん。恥ずかしいからやめて。」と言われてしまいました。

このペッパーくんの値段が気になったので調べてみると、

本体は20万円くらいで買えるようです。

でも、ペッパーくんが会話したりするための

アプリの使用料などが必要で、

3年で100万円以上かかってしまいます。

やっぱりすごく高いものですね。

それでは、わたしたち人間に値段をつけるとしたら、

いくらくらいになるのでしょうか?

多くの名言を語られるひすいこたろうさんが

講演会で話していたことがある本に書かれていました。

「あなたは500億円あげると言われたら、欲しいですか?」

もちろん欲しいに決まっていますね。

でも、ひすいさんは続けて聞きます。

「では、その500億円があなたの両眼と交換という条件なら?」

もちろん、みなさんも答えはNoですよね。

ということは、見えるということは

500億円より価値のあることだということです。

私たちは、それをすでに持っています。

そして、それ以外の大切な、いろいろなものも。

ふだん気づいていないだけで、

考えられないほどすごいものを、今持っている。

考えてみれば、私たちに必要なもの、

なくてはならないものは全て無料です。

太陽の光も、空気も、空から降ってくる雨も。

そして私たちの目も、鼻も、手も、足も。

私たちのこの身体は、買うとすればいくらくらいになるのでしょうか。

こんどみなさんがつけた値段を教えてくださいね。

私たち一人ひとりには、それほどの価値があります。

だから、自分も、お友だちも大切にする思いやりのある人になりましょう。

そして、これからも時々、

自分が信じられないほどの価値を持っていることを思い出してくださいね。

|