新着情報

教育エッセイ新着情報

【校長室だより】 近小郵便局

毎週月曜日に行われる児童朝礼では、毎回、校長先生から全校児童にお話があります。今週の校長先生のお話を紹介します。

123日(月)「近小郵便局」

おはようございます。

先週から近小郵便局が始まっています。

お世話してくれている2年生のみなさん、

ありがとうございます。

先生のところにも、毎日みなさんからのお手紙が届いて

楽しく読ませてもらっています。

その中で、何人かの人から質問をもらったのですが、

それは「どうすれば、校訓のような人になれますか」

「どうすれば尊敬される人になれますか」というものでした。

とても素晴らしい質問ですね。

どのような人が尊敬されるのでしょうか。

みなさんは、どう思いますか?

例えば先週、オブリゲーションの話をしました。

インタネットのWWW発明したは、

ティム・バーナーズ・リーさんでしたね。

偉大なことをして、でも自分の利益を優先しない。

世界中の人から尊敬される人ですね。

でも、そんな偉大なことをしなくても、

尊敬される人はこの近小にたくさんいます。

誰もができるような小さなことを、

誰もできないほど確実にする人です。

朝、正門で、帽子をとって、笑顔でしっかり挨拶できること。

こうしてみんなが集まったとき、

口を閉じて友達に話しかけないこと。

しようと思えば、誰にでもできることではないでしょうか。

毎朝、帽子をとって、元気な声で

「おはようございます!」と挨拶してくれる人。

中には、わざわざ先生の前まで回り込んで

挨拶してくれる人もいます。

先生は、そんな近小生を尊敬していますし、

そんな素晴らしい子どもが近小生であることを

とても誇りに思っています。

「小さなことに忠実な人は、大きなことにも忠実である。」

小さなことを疎かにせず、大切にしましょう。

きっと校訓のような人になれると思います。

一緒に頑張ろうね!

教育理念.jpg

|