新着情報

教育エッセイ新着情報

【校長室だより】 良いことを続けるためのコツ

毎週月曜日に行われる児童朝礼では、毎回、校長先生から全校児童にお話があります。今週の校長先生のお話を紹介します。

5月1日(月) 「良いことを続けるためのコツ」

 みなさん、おはようございます。今日から5月です。

 4月の目標は「あいさつ」でしたが、しっかりできるようになってきて素晴らしいと思います。

 「あいさつ」に限らず、続けるということはなかなか難しいことです。

 昨日、笑顔であいさつしてくれていた人が、今日は少し暗い表情だったり、少し小さな声になっていたり、帽子をとってくれなかったり。

 そういう時、先生はいろいろ考えてしまいます。今日はあいさつする気分じゃないのかな、昨日お母さんに叱られたのかな、友達とケンカしてしまったのかな、宿題を忘れたのかな、それとも好きな女の子に冷たくされたのかな、など次々想像してしまいます。

 でもいつも優しい笑顔を続けてくれる人もいて、先生は心の中で「なかなかやるな」と感心しています。それは、自分の心をコントロールする力を持った人だけができることだからです。そして、先生はその人を見るのが毎朝楽しみですし、その笑顔を見ると今日も頑張ろうという気持ちになります。人間って単純ですね。

 良いことでも続けるのは難しいのですが、続けるためには2つのことを覚えておいてください。

 1つは、三日坊主でもかまわない、ということ。三日間しか続かないで四日目にできなかったとしてもかまわないのですが、もう一度始めることです。みなさんはつまずいてこけてしまったら、もう一度立ち上がって歩きますね。倒れたらそのままの人はいますか?

 同じように、倒れるのは仕方ないことです。大切なことは、もう一度立ち上がること。また倒れても構いません。また起き上がればいいだけです。

 2つ目は、「つまらないと思えることでも、一生懸命にしていると楽しくなる」ということです。あいさつでも、掃除でも、勉強でも、強制されて嫌々していると全然楽しくありません。どうせするなら、一生懸命、本気でやっているうちに楽しくなってきます。本当ですよ。

 明後日からは5連休になります。宿題もたくさん出ているかもしれませんね。朝、少し頑張って早起きして、午前中に勉強をすまして、午後は自由にする、というのがオススメです。するべきことを先にすましておけば、思い切り楽しめると思います。連休明けは、充実した明るい笑顔で元気に登校してきてください。

top1305.jpg

|