新着情報

教育エッセイ新着情報

【校長室だより】 第1学期始業式

本年度4月より、新しい校長先生が着任されました。附属高等学校・中学校で長年勤めておられた森田哲(さとし)先生です。8日の始業式では、新校長先生のお話がありましたので紹介します。

みなさん、おはようございます。

先ほど紹介いただいたように、新しく、この附属小学校に来ました森田です。

ですから、この学校では皆さんの方が先輩になります。

初めての学校にきたので、分からないこともたくさんあります。

これからいろいろと教えてくださいね。

先生は今週月曜日から、この小学校に来ました。

朝、正門をくぐると、緑のグランドを明るい朝陽が照らしていました。

緩やかなスロープをゆっくり降りてくると、鳥のさえずり、ウグイスの唄う声が聞こえます。

足下にひものようなものが落ちていたので、よく見るとミミズでした。他にもダンゴ虫が歩いていたりするので、踏んでしまわないように気をつけないといけませんでした。

そして、校舎に入ると美しい木の廊下。きれいな教室。

先生にとっては、何もかもが新鮮で、興味深いことばかりです。

皆さんにとっては見慣れた学校ですが、少し立ち止まって美しい花を眺めたり、鳥の声に耳を澄ませてみてくださいね。

さて、今日から新しい年度が始まるにあたって、みなさんにお話しします。

みなさんは、先生方からいろいろな注意を受けていると思います。

例えば、電車の中で騒がないことや、人をたたいたりしない、悪口を言わない、などです。簡単に言えば、人の迷惑になること、人のいやがることをしないことです。これらはとても大切なことで、「銀の教え」と言われています。金銀銅の銀です。

人の嫌がることをしない、という「銀の教え」に対して、人の喜ぶことをする、というのが「金の教え」と言われるものです。

電車の中で騒がない、というだけでなく、身体の不自由な人に席を譲るということができれば素晴らしいですね。人のために何ができるか、を考える1年にして欲しいと思います。

でも、難しく考えなくてもいいと思います。

いま、門から玄関までのスロープには、かわいいチューリップが並んでいますが、それは新1年生のために、2年生の人たちが育ててくれたものと聞いています。本当に素晴らしいことです。きっと1年生も喜び、お母さん方も、皆さんのその優しい気持ちに安心されると思います。チューリップのお世話をしてくれた2年生のみなさん、どうもありがとう。

そして、自分は何もできないと思っている人がいるかもしれません。でも毎日、笑顔で楽しく学校にくることは、お父さん・お母さんを一番喜ばせていることです。今日もこうして、元気に登校してくれてありがとう。

来週には、1年生が入学してきます。

先生と同じく、初めての学校です。いろいろ助けてあげてください。

特に6年生の皆さん、よろしくお願いします。

いよいよ1学期がはじまります。先生と一緒にがんばりましょう。

top1404.jpg

|